公演・イベントを観る

主催

【主催】
とよなかアーツプロジェクト リサーチ企画
「千里考今物語」

【主催】<br>とよなかアーツプロジェクト リサーチ企画<br>「千里考今物語」

チラシ裏面はこちら

概要

約60年前に大阪に誕生した日本初の大規模ニュータウン。
当時まちづくりの実験の場でもあった千里をフィールドに、新しい共同体におこった出来事に出会う旅へでかけませんか?

2023年 9月〜2024年3月 見聞編 / 調査と編集
アーティスト・辰巳雄基と参加者が、千里ニュータウンに暮らしている方、暮らしていた方を対象に聞き書きをして、当時の「言葉」や「物語」を集めてまわります。
(月に3回程度集まり、調査に出かけます ✳︎現地集合現地解散 ✳︎交通費支給なし)

2024年4月〜2025年3月 伝承編 / 表現と旅
見聞編で出会った言葉や物語をもとに、伝える術を探ります。紙芝居や落語、演劇、
さまざまな表現方法を模索しながら新たに「自分の物語」を紡ぎます。

調査員募集詳細
 

*調査員募集終了

●応募対象:16歳から(豊中市立文化芸術センターや千里ニュータウンに来ることのできる方)
●定  員:随時募集(実際に調査に行く日は、都度5名程度調査員を募り、「グループ」で動きます)
●募集期間:2023年8月1日(火)ー 2024年3月1日(金)
●参 加 料 :無料
●実施場所:千里ニュータウン内予定(大阪府豊中市・吹田市)

≪こんな人におすすめ≫
 ✓ いろんな人の話を聞くのが好き!
 ✓ 人の話を聞いたり、街を歩いたりして想像を膨らませるのが好き!
 ✓ 話を聞いて、伝える様々な方法を考えたい!
 ✓ 仲間と協力してひとつのプロジェクトをつくりあげたい!

・・・お申し込み方法・・・
下記の必要事項をご記入のうえ、メールまたはfaxにてお申込みください。

①お名前(フリガナ) ②住所 ③電話番号 ④志望動機
*件名を「とよなかアーツプロジェクト リサーチ企画申込」としてください。

宛先/豊中市立文化芸術センター
メール/kikaku-bungei[アットマーク]toyonaka-hall.jp FAX/06-6863-0191

*広報や活動記録として公開する為に動画・写真撮影を行います
*いただいた個人情報は本プログラムのみに使用し、他の使用目的、第3者への譲渡・閲覧
 等には使用しません

・・・次回活動日のご案内・・・
「千里考今物語」2024年度 伝承編 オリエンテーション
●日程:4月29日(月・祝)
●時間:(チーム別)
 ①落語たぬき/10:00-12:00
 ②きつね囃子/13:00-15:00
●場所:豊中市立文化芸術センター 2F ミーティングルーム1

各チームの概要は、下記ご参照くださいませ▼
①「落語たぬき」:落語や絵巻を通してことばや物語を伝える
 (落語公演に向け、舞台、脚本制作・演出にかかわる等)
 開催日:2025/1/11(土)予定
②「きつね囃子」:展示やアトラクションを通してことばや物語を伝える
 (展示/アトラクション開催に向け、展示会場、脚本制作・演出にかかわる等)
 開催日:2024/11/28(木)~30(土)予定
③「もぐら調査団」:リサーチ部門団員
 (お話聞き取り・新聞制作等)
 新聞発行:1回/2ヶ月
   
*チーム横断可能・ご都合のよいお時間にお越しいただき、当日その旨お伝えください
*当回よりご参加希望の方は、豊中市立文化芸術センターまでご一報ください

案内人

アーティスト 辰巳雄基
1990年奈良県生まれ。亀岡在住。
一般社団法人 きりぶえ理事、農小屋学会、山成研究所、丹波亀吾郎店主。
日本全国の飲食店から集めたもので「ジャパニーズチップ展―テーブルの上で見つけた日本人のカタチ」漂流物の即売会「たつみの海でひろってきたもの店(展)」海や川から拾ったもので「石と網」農家さんの協力のもと、土と野菜を集めて「生ける野菜展」地域の竹細工と物語を収集した「竹を編む 記憶を辿る」など蒐集やリサーチでの発見をもとに展覧会や発表を行う。
著書に『箸袋でジャパニーズ・チップ!テーブルのうえで見つけたいろんな形』(リトルモア)、共著に『小屋の本 霧のまち亀岡からみる風景』(きりぶえ)がある。

千里ニュータウンについて

大阪市中心部から北へ約12kmの地点に位置している人口約10万人の住宅都市。
豊中市・吹田市に跨る地域にあり、8つの「台」4つの「町」合わせて12の住区で構成されている。
1955年頃に始まった急激な経済成長・工業化とともに、大量の人口が職を求めて都市へ集中。そこで大阪府では、100万戸を超える住宅を建設する方針を決定。
住みやすく便利な街を求めて日本各地から「移住」が繰り返された結果、この新しい街では様々なアイデンティティーがかけ合わさって新たな共同体ができていった。
そんなニュータウンは今、建物の老朽化や少子高齢化、また社会の変化と共に再開発が進められている。


千里もぐら新聞

千里考今物語の調査団メンバーでつくる2ヶ月に1度発行する新聞です。
1,000部限定で当館や各所にて配架中。

PDF


クレジット

主催:豊中市市民ホール等指定管理者

問い合わせ先

豊中市立文化芸術センターチケットオフィス
06-6864-5000(10:00~19:00 月曜休館)