公演・イベントを観る

主催

【主催】
センチュリー豊中名曲シリーズVol.26「新世界の生活」関連企画
クロストーク 太田 弦×坂東祐大

【主催】<br>センチュリー豊中名曲シリーズVol.26「新世界の生活」関連企画<br>クロストーク 太田 弦×坂東祐大

概要

豊中名曲シリーズVol.26「新世界の生活」でタクトを振る太田弦と、
本公演のために協奏曲を手掛けた作曲家の坂東祐大が、
それぞれの視点からプログラムの魅力を語ります。

Vol.26「新世界の生活」公演ページはこちらから

登壇者

太田 弦(指揮者)
94年北海道札幌市に生まれる。幼少の頃より、チェロ、ピアノを学ぶ。
東京芸術大学音楽学部指揮科を首席で卒業。学内にて安宅賞、同声会賞、若杉弘メモリアル基金賞を受賞。同大学院音楽研究科指揮専攻修士課程を卒業。
15年、第17回東京国際音楽コンクール〈指揮〉で2位ならびに聴衆賞を受賞。指揮を尾高忠明、高関健の両氏に師事。19年4月から22年3月まで大阪交響楽団正指揮者を務める。23年4月から仙台フィルハーモニー管弦楽団指揮者、2024年4月より九州交響楽団首席指揮者に就任。21年2月、オクタヴィア・レコードより交響曲 第8(9)番 ハ長調 D944 「ザ・グレイト」(新日本フィル公演ライブ収録)をリリース。

坂東祐大(作曲家)
作曲家/音楽家。1991年生まれ。東京藝術大学作曲科及び同大学院修了。
第25回芥川作曲賞受賞(2015年)。2016年、Ensemble FOVE を設立。
代表として気鋭のメンバーと共にジャンルの枠を拡張する、様々な新しいアートプロジェクトを多方面に展開している。
主要作品に「花火-ピアノとオーケストラのための協奏曲」 (サントリー芸術財団委嘱作品)、「TRANCE (京都芸術センター Co-program 2018)」、「声の現場」(テキスト:文月悠光、OPEN SITE 6 TOKAS 推奨プログラム)など。
2022年、作品集「TRANCE / 花火」を日本コロムビアよりリリース。
https://www.yutabandoh.com/



ご来場にあたって

新型コロナウイルス感染予防対策のため下記の点につきまして、
あらかじめご了承下さりますようお願いいたします。

〇ご来場時は、ワクチン接種を済まされた方も、マスクの着用をお願いいたします。
 マスクの着用がない場合は、ご入場をお断りする場合があります。
〇鑑賞中は、咳エチケットとマスクの着用をお願いします。
〇発熱や咳、咽頭痛などの症状のある方、発熱が数日間続いている方や、
 風邪症状のある方、その他、体調に不安のある方は
 ご来場をお控えくださいますようお願いいたします。
〇サイン会等は開催いたしません。

クレジット

主催:豊中市市民ホール等指定管理者

問い合わせ先

豊中市立文化芸術センターチケットオフィス
06-6864-5000(10:00~19:00 月曜休館)

開催日時
2023年5月17日(水)
開演19:00(開場18:45)
会 場
豊中市立文化芸術センター多目的室
料 金
【全席自由】500円

※公演チケットをご提示の方、25歳以下(年齢のわかる証明提示)無料

※前売り券の販売はありません。会場で直接お支払い下さい。

※未就学児のお子様の入場はご遠慮ください。