公演・イベントを観る

共催

【共催】
センチュリー豊中名曲シリーズVol.22「忘れられた怒り」
関連企画~クロストーク

【共催】<br>センチュリー豊中名曲シリーズVol.22「忘れられた怒り」<br>関連企画~クロストーク

関連企画~クロストーク

豊中名曲シリーズVol.22「忘れられた怒り」でタクトを振る現田茂夫と、
同シリーズでストーリーテラーを務める劇作家、演出家の藤井颯太郎が、
それぞれの視点からプログラムを読み解く、新感覚のアナリーゼ(楽曲分析)です。

Vol.22「忘れられた怒り」公演ページはこちらから

お話



現田茂夫(指揮)
1996年より13年間神奈川フィルハーモニー管弦楽団を指導し飛躍的に躍進させ、その功績も称えられ2009年より名誉指揮者の称号を得る。他の主要オーケストラとも数多く共演し高評を得ている。また、世界的チェリスト故ロストロポーヴィチと上皇后陛下の古希祝賀コンサート等で共演し高評を得ている。オペラ指揮者としても経験豊かで、東京二期会、関西二期会での指揮も数多くの公演を行なっている。02年からは錦織健プロデュースオペラの音楽監督も務め2年ごとに全国公演。11年はアンサンブル金沢と金沢歌劇座・兵庫県立芸術文化センター他(5都市6公演)で“椿姫”を公演。14年には市川右近(現三代目市川右團次)新演出“夕鶴”の全国公演も行い高評を得、16年に再演を行った。また、ペドロッティ国際指揮者コンクール(イタリア)の審査員や、NHK-FMラジオのパーソナリティを3年間務めるなどバラエティに富んだ活動を行なっている。




藤井颯太郎(劇作家、演出家、幻灯劇場代表)
1995年生まれの演劇作家。2013年『ミルユメコリオ』で幻灯劇場を旗揚げ。同作でせんだい短編戯曲賞を史上最年少受賞。2017年文化庁文化交流事業の一環で『56db』を製作し二カ国五都市で上演、巨大な旧氷商工場跡で『Asobient I/II』を上演するするなど国内外、劇場内外で作品を発表している。



ご来場にあたって

新型コロナウイルス感染予防対策のため下記の点につきまして、
あらかじめご了承下さりますようお願いいたします。

〇ご来場時は、ワクチン接種を済まされた方も、マスクの着用をお願いいたします。
 マスクの着用がない場合は、ご入場をお断りする場合があります。
〇鑑賞中は、咳エチケットとマスクの着用をお願いします。
〇発熱や咳、咽頭痛などの症状のある方、発熱が数日間続いている方や、
 風邪症状のある方、その他、体調に不安のある方は
 ご来場をお控えくださいますようお願いいたします。
〇サイン会等は開催いたしません。

クレジット

主催:豊中市市民ホール等指定管理者

問い合わせ先

豊中市立文化芸術センターチケットオフィス
06-6864-5000(10:00~19:00 月曜休館)

開催日時
2022年5月8日(日)
開演14:00(開場13:30)
会 場
豊中市立文化芸術センター多目的室
料 金
【全席自由】500円

※公演チケットをご提示の方、25歳以下(年齢のわかる証明提示)無料

※前売り券の販売はありません。会場で直接お支払い下さい。

※未就学児のお子様の入場はご遠慮ください。