About Us

豊中市立文化芸術センター、豊中市立ローズ文化ホールについて

豊中市立文化芸術センター、豊中市立ローズ文化ホール(これら2施設の総称として「豊中市市民ホール」と言います。)では、文化芸術活動に取り組む市民の発表や舞台芸術の鑑賞の機会を提供し、市民とともに文化芸術を新たに創造・発信していくことをとおして、心豊かな市民生活や活力ある地域社会の実現に寄与する拠点施設となることをめざします。

設置目的

「市民一人ひとりの人権と個性が尊重され、共に人間らしく豊かに生きることができる社会の実現を図るとともに、市民との協働による文化芸術創造活動の支援や文化芸術を担う人材の育成等の推進に寄与する」

使命

文化芸術の創造の場
つくる

文化芸術センターは、市民が潤いと誇りを感じることのできる心豊かな生活を実現するための場であり、常に活力ある社会を構築するための大きな役割を担っています。そこで、市民との協働はもとより、地域資源を充分に活かし、人材の育成、市民の文化芸術活動の支援等を展開するとともに、既存の活動団体との連携を図りながら、新しい発想で企画・制作・発表・鑑賞といった一貫した文化芸術活動が展開できる施設をめざします。

多様な文化芸術との交流の場
まじわる

文化芸術センターは、市民が集い、市民に感動と希望をもたらし、市民の創造性をはぐくみ、市民がともに生きる絆を形成するための拠点となるよう、多様な文化芸術の交流を図るとともに、市民・大学・企業等や市内・市外の文化施設及び文化芸術団体との連携を進めます。また文化芸術センターは、ホール・美術・博物の各機能を備えた複合施設であることから、相乗的・効果的な運用を行います。

地域と一体になったまちづくりの場
ひろげる

文化芸術センターは、「新しい広場」として、地域の発展を支える機能が期待されています。一方、文化芸術は、社会参加の機会を開く社会包摂の機能を有しています。そこで、文化芸術のすそ野を広げていくために美術や音楽をまちに出て展開したり、文化芸術を担う人たちの育成を行ったり、地域の諸団体と連携したりすることで、地域のにぎわいを生み、地域活性化につなげます。

指定管理者について

豊中市市民ホールの運営には、民間事業者等の得意分野を活かすことによって、弾力性や柔軟性のある施設運営と良質なサービスを提供することを目的として、「公の施設」の管理を民間事業者が行う「指定管理者制度」を導入しています。

指定管理者であるJTB・日本センチュリー・日本管財・大阪共立グループでは、5つの基本方針のもと、中核都市・豊中の文化芸術振興拠点として、市民が誇りに思える施設への成長を果たすとともに、<つくる><まじわる><ひろげる>という施設使命の具現化を実現します。

また構成団体である公益財団法人日本センチュリー交響楽団が豊中市市民ホールの指定管理業務を担うことは、オーケストラが公立文化施設の運営に携わる全国的にも珍しい事例です。市内の大学との連携協力や、市民団体との協働による創造性の高い事業とともに、この画期的な市民ホールの運営手法が注目され、豊中市は平成27年度文化庁長官表彰(文化芸術創造都市部門)を受けています。市民ホールの運営においても「音楽あふれるまちの推進に関する協定」を豊中市と締結し、市の文化芸術振興施策と連携・協働するオーケストラならではの魅力的で質の高い文化芸術事業を継続的に展開します。

5つの基本方針

  1. 市民が魅力的で質の高い文化芸術を体験、創造、発信できる施設運営を実現します
  2. 市民が集い、多様な芸術に触れることができる場[アートテーマパーク]を目指します
  3. 豊中市のみならず、北摂地域の中核をなす文化芸術情報発信拠点となります
  4. 国際交流イベントを展開、音楽と芸術のまち“TOYONAKA”を世界に発信します
  5. 効率的な施設運営と安心安全、人と環境にやさしい施設管理を実現します