トピックス一覧

【主催】アートマネジメントレクチャー開催のお知らせ
「芸術団体が地域で活動する意味とは ~英国ボーンマス交響楽団の事例から~」

2019年10月27日

 

イギリス南西部の都市Poolを本拠地とするボーンマス交響楽団はイギリス南西部唯一のプロオーケストラとして、ロンドン以南の広い地域で活動をしています。また地理的な広さに加えて、子供からお年寄りまであらゆる市民が参加し、音楽活動をするParticipateプログラムでも高い評価を得ており、近年ではBSO Change Makersプログラムを展開しており、障がいのある音楽家で構成されたアンサンブルBSO ResoundとBBC Promsにて共演しました。また高齢者を対象としたプログラムが評価され2017年にはAlzheimer’s Societyにより‘Dementia Friendly Organisation of the Year’(認知症の人にも優しい団体)として表彰されました。これほど広い地域の様々な人に対し、1つの芸術団体がどのようなヴィジョンの下で、どのような仕組みをつくり事業を実施しているのか、彼らの事例から学びたいと思います。

講師:ベン・ジェニングス、ボーンマス交響楽団
日時:2019年11月27日(水)18:45受付 19:00開始 20:15終了予定
会場:大阪府立江之子島文化芸術創造センターenoco 2階ルーム8
(※会場は豊中市立文化芸術センターではございません。ご注意ください。)
参加:参加料無料、申込順定員30名、英日逐次通訳あり
申込:メール件名を「BSOレクチャー」として、お名前、所属、電話番号を以下担当へEメールにてお送りください。
問合せ先:豊中市立文化芸術センター 担当:柿塚拓真
電話:06-6868-0591   Eメール:kakitsuka@toyonaka-hall.jp

主催 豊中市市民ホール指定管理者
助成 一般財団法人地域創造
協力 公益財団法人日本センチュリー交響楽団

 

 

トピックス一覧へ戻る