公演・イベントを観る

主催

【主催】
Neo Classic in Toyonaka

【主催】<br>Neo Classic in Toyonaka

「作曲家が現代を生きていたら」
ニューヨークトリオが拓くネオ・クラシックの新しい扉


クラシック音楽をベースにした独自のスタイルで、国際的に活躍するピアニスト&作曲家
Takako Ines Asahinaが豊中市立文化芸術センター大ホールに満を持して初登場!!

Takako Ines Asahina プロフィール

日本演奏連盟オーディションに合格し、ソロリサイタルや大阪フィルハーモニーを始めとするオーケストラとの共演を経て、自らトリオ・バンドを結成。ジャズやラテンのリズムを取り入れながら、彼女のルーツであるクラシック音楽の緻密さを高い技術で独創的に表現する新しいスタイルの音楽「ネオ・クラシック」を標榜し、日本とアメリカを拠点に活動中。日本で定期的に行うライブは熱烈なファンを中心に毎回ソールドアウトになる人気を博し、アメリカ・ニューヨークでは多様な聴衆を前に、様々なミュージシャンと共演しながら自身の音楽をさらに進化させている。

出演

Takako Ines Asahina(Pf)
Robert E. Daniels(EB)
Mark Tourian(WB)
Larry Ransome(Ds)
Olu Togun(Perc)

曲目

ピアソラ:リベルタンゴ
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より
ヴィヴァルディ:『四季』より「冬」第1楽章より
モーツァルト:トルコ行進曲
「聖者の行進」の主題による14の変奏曲
ガーシュイン:歌劇『ポーギーとベス』より❝サマータイム❞
セントトーマス~ハノン風~

※やむを得ず曲目が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

主催・共催

主催:豊中市市民ホール指定管理者
後援:FM COCOLO
協賛:アバンテック(株)、銀座花菱(株)、(株)百姓一揆、錦城護謨(株)、鳥ぴん(株)
Neo Classic Society

問い合わせ先

豊中市立文化芸術センターチケットオフィス
06-6864-5000(10:00~19:00 月曜休館)

開催日時
2018年10月20日(土)
開演16:00(開場15:15)
会 場
豊中市立文化芸術センター大ホール
料 金
【S席】5,000円(club CaT/4,500円)
【A席】4,000円(club CaT/3,500円)
【B席】3,000円(club CaT/2,500円)
(全席指定)

・未就学児入場不可

・障害者とその介助者1名まで2割引

※障害者割引,・車いす席は、豊中市立文化芸術センターチケットオフィス窓口・電話のみの取り扱い。

club CaTとは?
 
発売日

club CaT先行:
2018年7月5日(木)〜
2018年7月11日(水)

※先行発売初日は、豊中市立文化芸術センターチケットオフィスウェブサイト、電話にて10時から販売開始。

※club CaT先行は、豊中市立文化芸術センターチケットオフィスのウェブ・電話のみでの販売です。

一般:2018年7月12日(木)

※一般発売初日は、豊中市立文化芸術センターチケットオフィスウェブサイト、窓口にて10時から販売開始。同日残席がある場合15時より電話でも購入できます。

チケット取り扱い窓口

豊中市立文化芸術センター
チケットオフィス
TEL:06-6864-5000
(10:00~19:00月曜休館)

豊中市立ローズ文化ホール
窓口販売のみ
(10:00~19:00火曜休館)

ローソンチケット
TEL:0570-084-005
[Lコード:51615]
http://l-tike.com/

チケットぴあ
TEL:0570-02-9999
[Pコード:116-148]
http://t.pia.jp/t

e+(イープラス)
http://eplus.jp/

一時保育

申込締切/2018年10月6日(土) (定員10名・先着順・1歳から就学前まで)

料金/1名につき300円 

申込先/豊中市立文化芸術センターチケットオフィス
TEL:06-6864-5000