公演・イベントを観る

主催

【主催】
アート・フィロソフィア vol.13
作曲家・加藤昌則のここから始まるクラシック!2019
くらべる大作曲家編 テーマ:古典派トリオ

【主催】<br><small>アート・フィロソフィア vol.13</small><br>作曲家・加藤昌則のここから始まるクラシック!2019<br>くらべる大作曲家編 テーマ:古典派トリオ

概要

作曲家・加藤昌則が誘う、クラシックの大作曲家たちの知られざる作品の世界。
大人気のレクチャーシリーズ2019年シーズン開幕!!
今日は作曲家・加藤昌則独自の視点から、奥深いクラシック音楽の世界
から3つのテーマをとりあげ、さらに、テーマ毎に3人の作曲家を比較していきます。
深くて面白くて楽しい!そんな新感覚なクラシックレクチャーシリーズ。時代と作曲家を
比較する事で、さらに面白くなる音楽の世界へ、作曲家・加藤昌則が皆様を誘います。

●9/27(金)アートフィロソフィアVol.13
日程:2019年9月27日(金)
開講:14:00(開場13:30)

テーマ:古典派トリオ<ハイドン/モーツァルト/ベートーヴェン>
・実直公務員、優等生ーハイドン
・これぞ神の子、天才ーモーツァルト
・実は裏切り者、人の心を弄ぶ!?ーベートーヴェン

出演

講師:加藤昌則(作曲家)

加藤昌則プロフィール

作曲家・ピアニスト
東京藝術大学作曲科首席卒業。同大学大学院修了。
作品はオペラ、管弦楽、声楽、合唱曲など幅広く、作品に新しい息吹を吹き込む
創意あふれる編曲にも定評があり、多くのソリストに楽曲提供、共演ピアニスト
としても評価が高い。王子ホール「銀座ぷらっとコンサートCaféシリーズ」(企画
・ピアノ)、東京・春・音楽祭「ベンジャミン・ブリテンの世界」(企画・構成)
など、独自の視点、切り口で企画する公演やクラシック講座などのプロデュース力>
にも注目を集めている。
作品は2012年オペラ「白虎」(第11回佐川吉男音楽賞)、18年「Sixteenth Montage」
(セントラル愛知響委嘱作品)など。最新CDは17年発売「PIANO COLORS」(エイベッ
クス・クラシックス)。2016年よりNHK-FM「鍵盤のつばさ」パーソナリティーを担当。
2019年長野市芸術館レジデント・プロデューサーに就任。

公演クレジット

主催:豊中市市民ホール指定管理者

プレスリリース

プレスリリース(PDF)

問い合わせ先

豊中市立文化芸術センターチケットオフィス
06-6864-5000(10:00~19:00 月曜休館)

開催日時
2019年9月27日(金)
開講14:00(開場13:30)
会 場
アクア文化ホール(中ホール)
料 金
【全席自由】
・各回 1,000円
・ペア券各回 1,800円
・3講座(Vol.13~15)
 セット券 2,700円
・3講座(Vol.13~15)
 セットペア券 4,800円

・未就学児入場不可

・障害者とその介助者の方は2割引

※障害者割引は、豊中市立文化芸術センターチケットオフィス窓口・電話、ローズ文化ホール窓口のみの取り扱い。

※車いす席は、豊中市立文化芸術センターチケットオフィス窓口・電話のみの取り扱い。

※ラインナップで予告していた、まとめコンサートを含めた4公演セット券の販売はございません。

club CaTとは?
 
発売日

club CaT先行:
2019年6月19日(水)〜
2019年6月25日(火)

※先行発売初日は、豊中市立文化芸術センターチケットオフィスウェブサイト、電話にて10時から販売開始。

※club CaT先行は、豊中市立文化芸術センターチケットオフィスのウェブ・電話のみでの販売です。

一般:2019年6月26日(水)

※一般発売初日は、豊中市立文化芸術センターチケットオフィスウェブサイト、窓口にて10時から販売開始。同日残席がある場合15時より電話でも購入できます。

チケット取り扱い窓口

豊中市立文化芸術センター
チケットオフィス
TEL:06-6864-5000
(10:00~19:00月曜休館)

豊中市立ローズ文化ホール
窓口販売のみ
(10:00~19:00火曜休館)

ローソンチケット
TEL:0570-084-005
[Lコード:56340]
http://l-tike.com/